トップ

インプラントとは

インプラントのメリット

インプラント治療の概要

虫歯や歯周病などが原因で歯を失ってしまった場合の治療法である「インプラント治療」とは、歯があった場所に顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に義歯を取り付ける治療のことをいいます。インプラント治療には多くのメリットがあり、口の中に残っている健康な歯を削る必要がないことや、天然歯をとほぼ同等の力でものを噛むことができる等があります。また、入れ歯とは違い口の中に異物感を感じることがないので治療前と変わらない生活を送ることができることなど、様々な治療効果を期待することができます。ですが、1本あたりの値段が高額であることや、メンテナンスが大変などのデメリットもあります。

失った歯の入れ歯治療との違い

年齢とともに歯は弱くなっていく傾向があります。また虫歯や歯周病などによって歯を失ってしまうこともあります。失った歯の治療方法としてインプラントがあります。これまで一般的であった入れ歯の治療との違いとしては、いずれも人工の歯を取り付けることになりますがしっかりと固定されるという効果があります。それは入れ歯は抜けた歯の両側に金属などでできたバネでひっかけて止める方法のため違和感があります。しかしインプラントの場合は歯根という骨に器具を埋めて、そこに人工の歯を取り付けるという方法のためしっかりと固定されるのです。

↑PAGE TOP